亀甲貫入

本日大暑で、満月で大潮〜
今日も暑かったですけど・・
別府は、昨日に比べていくぶん
日差しが柔らかかったような気がします


pianoは、今日・明日とお休み〜
liveからあと、昨日・・展示のしなおししてきました。


青瓷の作品、追加投入してきましたよ〜

もちろん、私の作品ではございません(笑)
岐阜の作家さん、河端 彩谷さんの作品です!
こんな茶盌、作ってみたい!
f0222042_2113928.jpg

めちゃ綺麗です〜。


二重貫入・・亀甲貫入きてます!

これは、土と釉薬の相性もあり〜
青瓷の醍醐味でもあります。

釉薬の厚さも関係してますね。


青瓷って、そこに踏み込むと身上潰すって言うくらい
奥の深い釉薬です。

それだけ、難しいですよね・・


宝石のような輝きを放ってましたよ〜。

これで、お抹茶を飲むのを考えると
贅沢きわまりないです


f0222042_2142632.jpg

見ていただいてわかると思うのですが

貫入に色・・べんがらの入ってるところと・・そうでないところがあると思います。
これは、上がってからすぐに入った貫入は赤く染まり〜

染まってない貫入は、後からきてるって事です。


青瓷の貫入は、100年入ってく・・って事も言われてます。

私が、前に焚いた青瓷も・・
今でも時々・・部屋がシ〜ンとしてる時に
キン♬と鳴りながら入っていってますよ〜。


青瓷の神秘〜
pianoでどうぞ〜



みなさんの愛のポチポチ・・待ってます。
ランキングに参加しています。応援クリック1日・1ぽち・・よろしくお願いします(*゚▽゚*)
ここを☟クリック〜してねん。

人気ブログランキングへ
[PR]
by aimons | 2013-07-23 21:10 | 作家さんの器 | Comments(8)
Commented by こんばんは。 at 2013-07-24 01:03 x
きれいな青磁ですね。
ずっしりした感じもします。
底と口元(?)の茶色の感じもかっこいい。
ぼくも、最初の師匠にいただいたのが、こんな感じです。
Commented by 木村です。 at 2013-07-24 07:45 x
良い青瓷のお茶碗ですね!紫口鉄足って言葉がありますがその通りの作品ですね、この作品も河端さんの作品ですか?
Commented by aimons at 2013-07-24 19:05
木村さん、こんにちわ〜。

木村さんは、どちらで作陶されてるんですか?!
もしかして、青瓷を追求されてる?!

雨過天青のような色を持ったお茶盌です
これも、河端さんの作品ですよ〜!
Commented by aimons at 2013-07-24 19:07
こんにちわ〜^^

天目形〜。
師匠は、コンプレッサーでの釉薬掛けだったよね!
前にUPしてたの、すっごい綺麗な色だったのを覚えてます。
口縁の釉薬処理も、青瓷は大変〜。
綺麗な青に吸い込まれそうです
Commented by 木村です。 at 2013-07-24 21:29 x
三重で作陶しています。妻がブログをやり始めて色々な方のブログを参考に見せて頂いています。河端さんはaimonsさんの師匠ですか?
Commented by aimons at 2013-07-25 19:12
木村さん、三重の方なんですね〜。
奥さんも、陶芸されてるんだ!
陶芸ブログ、されてるんですか?!
教えていただけると嬉しいな〜(^-^)

河端師匠には、いろいろと教えてもらってます!
Commented by 木村です。 at 2013-07-25 21:00 x
すいません、家内は陶芸はしません。私と私の父のサポートでブログをやってくれてます。(^_^)
Commented by aimons at 2013-07-26 21:35
木村さん、側にいたんですね〜(^-^)
気づいてなくすみません!ブログの方、ちょこちょこと遊びに行かせてもらいます〜!


<< グァバと猫と〜。 夏の夜長に〜。 >>